ゆとりサラリーマンが100マイル完走を目指すブログ

ゆとり第一世代サラリーマンの気ままなつぶやき マラソン、トレラン、映画、音楽

2018年のOSJ ONTAKE100は中止!

www.powersports.co.jp

今年のOSJ ONTAKE100は中止・・・。

 

昨年師匠達とともに完走した思い入れのあるレースであり、今年も知り合いが何人かエントリーしていたため、気にかけていたのですがやはり中止のようです。

 

goodsuke.hatenablog.com

 

西日本の豪雨の影響は大きいですね。砂利道の林道メインで、天然エイドのような水場が何箇所もあるコース状況を考えるとしょうがないと思います。

 

返金は無いようですが、Tシャツとパワースポーツの製品は貰えるようですね。それに加え、2019年または2020年の優先エントリー権も付与されるようです。

 

それを踏まえると、今年エントリーしていない私は、来年のエントリー合戦は厳しくなりそうです・・・。

HOKA ONE ONE クリフトン5を買ってみた

またまたホカオネオネの厚底ランニングシューズの傑作、クリフトンがアップデートされ、クリフトン5になりました。

f:id:gcygx694:20180709072934j:plain

f:id:gcygx694:20180709073001j:plain

f:id:gcygx694:20180709073010j:plain 

これまでクリフトン3を購入したことがあって、結構お気に入りなランニングシューズだったので、早速、クリフトン5を購入してみました!

 

goodsuke.hatenablog.com

 

 

私が思う、クリフトンの長所、短所は以下のとおり

◯長所

  • 何と言ってもソールが厚く、足に優しい
  • ローリングしながら楽に走れる
  • 見た目以上に軽い
  • 普段履きも可能
  • マシュマロ感覚

◯短所

  • 価格が高い
  • ソールの耐久性が弱い
  • 反発性が弱いため、スピードレースには向かない
  • シューズの横幅が狭め

 

上記のポイントを踏まえて、今回のクリフトン5について考えてみると、良さはそのままに、若干の改善が見られます。

 

価格やソールの耐久性、反発性は、独特のマシュマロ感覚のクッション性のために、犠牲にするとして、シューズの幅については、ワイドモデルを提供することによって、対応されています。(クリフトン4から?)

 

私は、典型的な日本人の足で足幅が広いため、もちろんワイドモデルを購入。

 

履いた感じは、すごく履き心地が良くなった印象です。

 

ワイドモデルによって、指の窮屈さが改善されたのと、メッシュ素材が新しくなり、これまでよりもソフトになっています。

 

これまであった窮屈さは、個人的には気にならない程度まで改善されました。

 

長距離を走るためのシューズなのに、足が窮屈で痛みが発生し、長距離を走れないといった問題は少なくなりそうです。

 

これまで、横幅が狭いという理由で、ホカオネオネ、そしてクリフトンを敬遠してきた人たちも一回試してみる価値はあるシューズかと思います。

 

そして、見た目もスタイリッシュなので、普段のファッションにも合わせやすいかと思います。

 

最近では、様々なショップがファッション向けとしてホカのシューズを取り上げていることも多くなりましたね。

 

これは、ランニング用と私服用の2足揃えるというのもありかも。

 

そうなるとどうにか1万5千円を切るくらいの価格設定にしていただけると本当にありがたいのですが・・・。

 

ホカさん、よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

【送料無料】ホカオネオネ:【メンズ】クリフトン 5 ワイド【HOKAONEONE CLIFTON 5 WIDE スポーツ ランニングシューズ ランシュー】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】

価格:18,360円
(2018/7/9 07:37時点)
感想(0件)

【書評】鏑木メソッド 3パーセント理論で走りを変える

f:id:gcygx694:20180621164952j:plain

 

50歳でのUTMB挑戦、また、最近トルデジアンへの出場も表明した鏑木さんの本が出たので早速購入しました。

 

何と言っても表紙がかっこいいですね。鏑木ファンとしては買うっきゃない!

 

内容としては、以下のような感じ。

 

トップランナー鏑木毅が20年のキャリアで培ったトレイルランとロードランを両立させるメソッドとは?月間走行距離の3%の累積標高が、頂点に駆け上がる鍵だった!

日本のトレイルランニングシーンの第一人者である、プロトレイルランナー・鏑木毅によるトレーニング&技術大全。
トレイルランニングのみならず、ロードランニングにも有用なトレーニングの最新メソッドが満載!

CONTENTS
序章 
トレイルランとロードランの相乗効果(鏑木毅×吉田香織

第一部 
累積標高を意識したトレーニング

第二部 
トレイルレースのための基礎知識

第三部 
トレイルランの基本スキルと応用

感想

第1部については、鏑木さんがこれまでも言ってきた、「累積標高を意識してトレーニングをしなさい!」ってアドバイスを理論的にまとめたものです。

以前、エプソンのMZ-500を購入した際に、参加したセミナーでも教えていただいた内容なので、結構、知っている内容は多かったのですが、初めての人には目から鱗的な内容かと思います。

 

また、実際のレースに向けての累積標高を指標とした詳しいトレーニングプランが書かれていて、今後のトレーニングには、活用できる内容が多かったと思います。

 

goodsuke.hatenablog.com

 

しかし、2部、3部については、これまで発売されている山と渓谷の「TRAIL RUN」の中の内容そのままな箇所が多く、毎回買っている私としては、少し残念でした。

 

ただし、これまで買っていない人には、総集編ということでかなりお買い得かと思います!

 

鏑木メソッド TRAIL RUN TRAINING TACTICS SKILL[本/雑誌] / 鏑木毅/著

価格:1,620円
(2018/6/21 17:18時点)
感想(0件)

通勤ラン・帰宅ランにオススメのランニングザックに出会った! UltrAspire/URBAN RUNNER

ついに自分の中で、理想的な帰宅ラン用のランニングザックに出会えました!

その名も、UltrAspireのURBAN RUNNER(ウルトラスパイア/アーバンランナー)

 

f:id:gcygx694:20180609232810j:plain

ウルトラスパイアといえば、ヤマケンさんが使用しているザック、ザイゴスが有名ですね。ザイゴスも機能的に抜群で素晴らしいトレランザックです。(若干、貧乏サラリーマンには、お高い気がしますが....。)

 

これは、ザイゴスだけでなく、トレランザック全般に言えるのですが、機能的には素晴らしく、山の中では非常にかっこいいのですが、通勤となると急に浮いちゃうんですよね・・・。

山で感じた、あの無敵感はどこへ行ったのやら、ちょっぴり電車の車内が恥ずかしい。

気にしなきゃいいんでしょうけど、やっぱり気になります。

全くと言っていいほどスーツやワイシャツには似合いません!

 

このザックどうしよう問題は、帰宅ランをしてみよう!と意気込んだ瞬間に降ってくる大問題です。

皆さんも心当たりがあるのではないでしょうか。

 

通勤ラン・帰宅ラン用のザックに求める要素は、人によって多少違いはあるものの、だいたいは以下のようなところに集約されるかと思います。

 

・機能性(やっぱりいつも使っているザックのようにフィットし、揺れにくい)

・デザイン性(スーツやワイシャツ姿でも違和感がないシンプルなデザイン)

・収納力(ちゃんと着替えも入って、できれば革靴なんかも持って帰れればベスト)

 

でもなかなかそんな条件の揃ったザックは見つからず、何かしらを妥協して使っている人も多いのではないでしょうか。

 

私も収納力を妥協し、ノースフェイスのマーティンウイングを長年使用してきました。

カラーは黒で、機能性は申し分ないのですが、10Lちょっとだと通勤ランには物足りなさがありました。

 

そこで出会ったのが、「ウルトラスパイア/アーバンランナー」です。

詳細はこんな感じです。

 

色 :ブラック

容量:25L

重さ:850g

・ノートパソコン(15インチ)も収納できちゃう背面ポケット

・ショルダーストラップでフィット感は調整可能

・両サイドには、大きめのボトルポケット

・ショルダー部分にスマホがちょうど良い感じで納まるポケット

・その他にもポケット多数

 

f:id:gcygx694:20180609232810j:plain

f:id:gcygx694:20180609232816j:plain


 

f:id:gcygx694:20180609232941j:plain

f:id:gcygx694:20180609233201j:plain

f:id:gcygx694:20180609233210j:plain

f:id:gcygx694:20180609233225j:plain

 

これぞまさに求めていた帰宅ラン用のザック!!
即購入し、使用してみるとこれがまた素晴らしい!

 

25Lも収納できるため、ワイシャツやスーツのズボン、革靴なんかもバッチリ持って帰れます。それでいて、フィット感も抜群で、ランニング時の揺れは、ほとんど気になりません。

 

そして、何より気に入ったのが、オールブラックの落ち着いたデザイン。

ウルトラスパイアのロゴまでもブラックになってるじゃないですか!

通勤電車の中でも全然浮きません。

調べてみると、何と通勤ランナーを念頭に置いてとデザインされたザックとのこと。

そりゃ素晴らしいわけです。

今まで、ありそうでなかったコンセプトの素晴らしいザックです。

 

皆さんも、アーバンランナーとともに通勤・帰宅ラン、そしてランニングライフを充実させてみては、いかがでしょうか

 

[2018 NEW] ULTRASPIRE URBAN RUNNER ウルトラスパイア アーバンランナー カラー ブラック [トレラン][マラソン][ランニング][バックパック] 19681063

価格:16,200円
(2018/6/9 23:34時点)
感想(0件)

ついにアルトラのシューズデビュー! PROVISION 3.0を買ってみた。

トレランをやっている人にはお馴染みのシューズブランド、アルトラのシューズを買ってみました。

ゼロドロップシューズで有名なアルトラですが、今回、私がチョイスしたのは、PROVISION 3.0というシューズです。

何足かアルトラのシューズを履き比べてみたのですが、中でも一番バランスが取れていて、入門編にはいいのではないかと最初の1足に決めました。

 

 

いまさら感は否めませんが、海外サイトで安くなっていたので、勇気を出してポチってみました!

というのも、以前、私のようにネットでアルトラのシューズをポチった師匠が、足に合わず1回履いただけで、そのシューズを封印してしまうという事態が起きていたからです。(最終的には、フリマで売ったらしいです。)

それから手を出しづらくなっていたのですが、最近、足の故障に悩まされることが多く、ランニングフォームの改善が必要だと感じた私は、思い切って購入に踏み切った次第です。

 

↓ 海外サイトは以下のサイトです。↓

 

走ってみた感想はというと、やはりバランスのいいシューズです。

ゼロドロップのため、かかと着地は難しくなっており、自然とミドルフットもしくは、フォアフットの走法になるかと思います。

アウトソールは少し、硬めで、グリップは若干、弱いかなという印象はありますが、ロードの使用では問題はなさそうです。

スピードを出すのは難しそうですが、ランニングフォームを意識してのジョグなどにはもってこいのシューズだと思います。

あと、個人的には典型的な日本人足で足幅が広いため、つま先にかけて広くなっているアルトラのシューズは窮屈な締め付けはなく、非常に履きやすいですね。

これから、アルトラで、ランニングフォームを意識した練習を重ね、怪我なく長距離を走りきれる体を作っていきたいです。

 

ちなみにアルトラのプロビジョン以外に、以前から愛用しているテクニカのINFERNO XLITE3.0の新色も安くなっていたので、合わせて買っておきました。

お気に入りのシューズなので、何足か持っておくにこしたことは無いですからね。

 

 

Hi-STANDARD THE GIFT TOUR2017 @宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

11月23日に宮城セキスイハイムスーパーアリーナで行われた、ハイスタのライブを見てきました。

hi-standard.jp

一言で言えば、ありきたりですが、最高でした。

 

私がハイスタを知ったのは、高校生の時です。

学校の文化祭でやたらいろんなバンドがカバーしていて、気になってCDを借りたのがハイスタとの出会いです。

曲も素晴らしかったんですが、海外ツアーの動画を見たときの衝撃が今でも忘れられません。

California Dreamin'を演奏しているんですが、外国人たちがどんどんダイブしていくんです。こんなすごい日本人いるんだって感じでした。

久しぶりに探して見たら、まだ見れました。(下の動画です。)


Hi-STANDARD - California Dreamin'

 

最近は、全然、聞かなくなっていたのですが、再結成をしたことは知っていました。

そして、東北にいることもあり、後輩に誘われて、仙台のライブを見に行くことに。

正直、あんまり乗り気じゃなかったんです。

きっともうハイスタも昔のハイスタじゃないだろうし、ハイスタはライブハウスでこそ輝くバンドだと思ってたので。

でも、そんな気持ちはハイスタが出てきて、一瞬で吹っ飛びました。

もちろん昔とは違いましたが、やっぱりハイスタはハイスタでした。

うまく言えないですが、生き様そのものがハイスタなんだなと実感しました。

いつ活動しようが、どんな会場でやろうがハイスタはハイスタでした。

 

それにしても、様々な世代がとても楽しそうにパンクロックで暴れる様子は爽快でした。

私を含め、ハイスタと共に青春を過ごしたおじさん、おばさん達は一気に若返った感じでした(笑)。

そして、何よりも、ハイスタの3人がすごく楽しそうでした。

ライブ自体も新旧の曲がバランスよく組まれていて、素晴らしいライブでした。

セットリストも毎回変えているようなので、他の会場に行かれる方も当日まで、どんな曲をやるか楽しめると思います。

私は個人的には、BRAND NEW SUNSETを聞けてめっちゃ嬉しかったです。

昔を思い出して、懐かしくて泣きそうになりました。


Hi-STANDARD - BRAND NEW SUNSET

 

若い人たちはまた違う感じ方だったんでしょうが、昔のアルバムも聴いて見てほしいですね。

 

 

UTMF(ウルトラトレイルマウントフジ)2018は落選。。。

いよいよ初めての100マイル挑戦!と意気込んで、UTMF2018にエントリーしたものの、見事に落選しました( ;∀;)

まだ、お前には100マイルは早いとのことでしょうか。

FacebookInstagramを見ているとトレランを通じて友達になった方々の抽選結果報告で溢れかえっていましたが、3度目、4度目の正直で当選している方が多々いました。

やっぱり、スタートラインに到達するのも難しいんですね。

トレーニングを積んで、次の機会に備えます。

東北でこの季節は、山登りはできないので、まずは、走力を鍛え直したいと思います。

最後に、当選された方々、本当におめでとうございます!

トレーニングを積んで、UTMF精一杯楽しんでください!