ゆとりサラリーマンが100マイル完走を目指すブログ

ゆとり第一世代サラリーマンの気ままなつぶやき マラソン、トレラン、映画、音楽

信越五岳トレイルランニングレース2017 レース編

いよいよレース編ですが、先にお詫びしておきます。

写真が少ないです。。。

 

というのも信越五岳トレイルランニングレース、想像していた以上に素晴らしいコースでした!聞いていた以上に走りやすい!そして、走っていて楽しい!

ましてや、52kmなので、みんなペースが早い!

そんなこんなで、写真が少なくなってしまいました。

 

言い訳はこれくらいにして、レースの模様をお伝えしたいと思います。

今回は、52kmの短縮コースですが、来年の110kmリベンジを想定して、あえて飛ばすことはせず、タイムプランを参考に進むことにしました。

 

なお、来年も同様のコースで大会が実施されることを想定して、私が事前に立てたプランと実際の通過タイム及び、GPSウォッチMZ-500での距離表示を参考に記載します。

 

●タイムプラン

f:id:gcygx694:20170926222312p:plain

 

●スタート am5:30

f:id:gcygx694:20170926222544j:plain

f:id:gcygx694:20170926222632j:plain

少しずつ明るくなって来た5:30にゴールである黒姫を目指していよいよスタートです。

大会プロデューサーの石川さんとハイタッチをして、気合いが入りました。

雨も降っておらず、なんとか台風も大丈夫そうです。

 

f:id:gcygx694:20170926223327j:plain

f:id:gcygx694:20170926223844p:plain

スタートしてしばらくは、ゲレンデを進みます。スタートして20分ほどいくと、たくさんの人たちが応援してくれているポイントへ。

様々なブログで見たことのある光景ですが、テンションが上がります!

f:id:gcygx694:20170926224748j:plain

若干の登りはあるものの、基本的には走れるコースが続きます。

 

f:id:gcygx694:20170926225119j:plain

f:id:gcygx694:20170926225208j:plain

ゲレンデを抜けると非常に走りやすいシングルトラックが現れます。フカフカサーフェスで走っていて本当に気持ちよかったです。

ただ、110kmを想定して走っているので、足を消耗しないように丁寧に進みました。

 

野反湖妙高

f:id:gcygx694:20170926232550j:plain

途中、急に景色がひらけ、さっきまで必死で走っていた選手たちが立ち止まって写真を撮ってました。台風で大雨の中を走ると覚悟していたため、こんなにはっきりと湖が見渡せるとは思ってもいませんでした。

 

ゆっくり写真を撮りながら進んでいると、早くも菅川の時点で、想定タイムから遅れそうな予感が...。

 

少し焦りそうになったところで、急に菅川のウォーターエイドが現れました。

GPSの距離表示と結構誤差があったようです。そのため写真撮り損ねました...。

 

●菅川(ウォーターエイド)19km地点(GPS:16.71km)

   想定時刻(スタートからのタイム):am7:40(2:10)

   実際の時刻(スタートからのタイム):am7:33(2:03)

 

菅川を過ぎると斑尾の山頂を目指します。結構な急登を想像していましたが、まだ序盤ということもあり、それほど辛くはなかったです。30〜40分で山頂に到着します。

f:id:gcygx694:20170926233214j:plain

f:id:gcygx694:20170926233238j:plain

 

斑尾山頂 am8:10

f:id:gcygx694:20170926233421j:plain

 

斑尾山頂からは結構な下りが続きます。ここでもまだウォーミングアップのつもりで、足を消耗しないように慎重に下りました。

f:id:gcygx694:20170926233809j:plain

f:id:gcygx694:20170926233856j:plain

f:id:gcygx694:20170926233918j:plain

 

そしてゲレンデの下りを進んでいくとバンフに到着です。

やっぱりGPSとの誤差がありますね。。。

 

●バンフ 24km地点(GPS:21.77km) エイド滞在時間:10分

   想定時刻(スタートからのタイム):am8:55(3:25)

   実際の時刻(スタートからのタイム):am8:33(3:03)

f:id:gcygx694:20170926234205j:plain バンフでは、トイレを済ませ、バナナ、クエン酸飲料、アミノバイタルを補給しました。胃もトラブルはなく、食欲もあり、順調です。時間も余裕があったので、エイド滞在時間は10分に変更しました。

f:id:gcygx694:20170926235026j:plain

距離が短縮されたため、バンフからペーサーをつけることができます。(ゼッケンの頭にPの文字がある選手がペーサーです。)

 

信越五岳トレイルランニングレース2017 当日編

さて、信越五岳トレイルランニングレース当日ですが、朝は、午前3時に起き、テーピングなどの残りの準備を済ませ、3時半に出発しました。

送迎バスがホテルの前まで来てくれるので、斑尾高原までの移動も楽チンでした。

 

到着後は、ゴールで受け取る荷物を預け、朝食を食べるために、レストランハイジへ向かいます。

f:id:gcygx694:20170926191455j:plain

f:id:gcygx694:20170926191526j:plain

レストランハイジでは、おにぎり、サンドイッチ、バナナ、菓子パン、スープなどが食べられます。列に並んで、食べたいものを取っていく、給食方式です。

基本的には、テーブルで立ち食いになります。

 

これまでの100kmクラスの大会(ビブラム香港100やONTAKE100)では、胃の不快感に悩まされたので、今回は、胃薬の飲み方を変えてみました。

 

これまでは、ガスター10などのH2ブロッカーや制酸剤の胃薬のみを飲んでいましたが、一緒に胃粘膜保護剤であるセルベールを服用しました。

確か、RUN+TRAILの胃腸トラブルの特集号に、胃粘膜保護剤とH2ブロッカーや制酸剤は、同時に服用しても問題ないとのことが書いてありました。また、ネットでセルベールとガスター10は相性がいいような記事を見つけたので、今回は52kmですし、人体実験をしてみることに。

 

結果からいうと、この飲み方は、大正解でした。ゴールまで胃腸のトラブルは一切なく、いつもだと固形物はあまり受け付けないのですが、エイドでもしっかり食べることができました。

 

あとは、いつものようにスタート前にZENのトラを4粒のみ、5:30のスタートを待ちます。

f:id:gcygx694:20170926193750j:plain

準備万端でレースへ!スタートゲートを見るとテンション上がります!

 

レース編へ続く

信越五岳トレイルランニングレース2017 前日編

台風の影響で52kmに短縮されてしまった信越五岳トレイルランニングレースですが、9

月16日〜18日の日程で無事開催され、完走することができました。

来年できれば110kmを完走したいと思っているので、来年のためにも今回のレースについてまとめておこうと思います。

 

まずは、前日の流れから。

110kmに出場する選手の場合、前泊が条件のため、16日の午後から新幹線でJR飯山駅へ向かいました。

f:id:gcygx694:20170926003501j:plain

飯山駅から斑尾高原までは、無料バスで向かいます。

バスの時間は11:00,13:00,15:30があり、私が乗った15:30はそこまで人は多くなく、バスも数台準備されていたので、ほとんど待つこともなく、バスに乗り込むことができました。

斑尾高原までは、30分程度で到着です。

100mileに出場の師匠は、13:00のバスで先に到着し、エントリーや装備チェックなどを済ませ、すでに仮眠所に向かっているとのこと。そのため、スタート前に会うことはできませんでした。

 師匠から事前に情報を得ていたため、覚悟はしていたものの、斑尾高原は、風が強く、結構肌寒かったです。

f:id:gcygx694:20170926002052j:plain●レストランハイジでエントリーを早々に済ませます。(110kmは装備チェックはありませんでした。)

 

f:id:gcygx694:20170926002134j:plain

 

f:id:gcygx694:20170926002445j:plain●スタートのゲートやいくつかの出店されている店舗を見ながら、競技説明の時間を待ちます。

 

f:id:gcygx694:20170926002620j:plain

●ここでゲットした参加賞のklean kanteenのスチールカップ

マイカップには、使いませんでしたが、晩酌で多用しています。

 

f:id:gcygx694:20170926002715j:plain

そうこうしているうちに、石川さんによる競技説明が始まりました。

16:30開始と書いてあったのですが、16:00から始まったため最初はガラガラ。

台風によるコースの変更や北朝鮮のミサイルが発射された場合などの説明がありました。笑

 

その後、赤倉温泉にある宿へ無料送迎バスで向かい、夕食と風呂、翌日の準備を済ませ、21時には就寝しました。

 

レース当日編へ

 

 

信越五岳はやはりコース短縮での開催らしい

台風18号の影響で大会自体を開催できるのか、注目されていた信越五岳トレイルレースですが、距離を短縮しての開催が決まったようです。

 

残念ですが、出場者の安全を考えたらやむを得ない判断と言えます。

 

でも、110kmから52kmへの短縮はやっぱり残念です。

必携装備の関係で100マイルと同時スタートは難しかったんですかね。

 

ホームページによると宿のキャンセルの問い合わせが増えているとのこと。

ただし、16日,17日の宿とも正規のキャンセル料がかかるようです。

こうなったら100マイルに参加予定の師匠と同宿なので、終わったら宴会しかない!

 

【ホームページ本文】

 

参加者の皆様には大変ご心配をおかけしておりました大会開催に関してのお知らせです。現在接近している台風18号の進路、速度などを慎重に協議した結果、コース短縮での大会開催を決定致しました。

 

100mile110㎞ともに黒姫エイドステーションをゴールと致します。

100mile102kmでのゴールへと短縮となります。

110km52kmでのゴールへと短縮となります。

 

※この先の台風の状況によってレースを続行することが不可能と判断される場合は、レースを中止する場合があります。

 

◇制限時間に関して

100mile:第一関門(アパリゾート上越妙高) 9/17 7:30

           ゴール制限時間(黒姫) 9/17 15:30

110km:ゴール制限時間(黒姫) 9/17 15:30

 

◇ペーサーに関して

100mile:アパリゾート上越妙高56km地点)~

110km:バンフ(24km地点)~

それぞれ上記の場所からペーサーに伴走して頂くように変更致します。

 

◇ボランティアに関して

今回黒姫以降のボランティアを予定されていた皆様には、別作業へと変更させて頂きたく存じます。予定通り会場にお越しくださいますよう、よろしくお願い致します。

 

◇全体のスケジュールに関して

今回の変更はゴール地点(距離短縮)のみとなりますので、その他スタート時間、宿泊等の変更はありません。

 

◇問い合わせ先 大会事務局

080-8730-0240

 

 

 

信越五岳トレイルランレース2017 準備編

 待ちに待った信越五岳トレイルランニングレースが今週末に迫ってきました。今年は、ビブラム香港100、ONTAKE100に続いて、3本目の100kmクラスの大会になります。

 ようやく最終案内も手元に届き、緊張感も高まってきました。今後も何度か挑戦することになるメジャーな大会なので、備忘録として、レース準備やタイムスケジュールなどをまとめておきます。

 

●コースマップ

f:id:gcygx694:20170613235102j:plain

 

●高低図

f:id:gcygx694:20170913215252j:plain

 

●タイムプラン

f:id:gcygx694:20170913215953p:plain

 

信越五岳は初めて参加するレースなので、過去のリザルトを参考にして、タイムプランを作成しました。また、公式サイトにコースガイダンス動画があったので、それも参考にしました。

 

【目標タイム】

20時間ぎり

 

【作戦】

・エイドの時間は短く、休み過ぎない。

・20kmごとにマグマ等を摂取し、胃腸トラブルを軽減させる

・前半は抑えめ、足を残して第一関門以降で走れるように

・水はソフトフラスク2本。(水、チャレンジャー+ショッツ)

 

【補給食etc】

magon,メダリスト,スポーツようかん,マグマ,アミノバイタル,zen

 

【勝負シューズ】

ミュータント(スポルティバ)

雨の可能性が高いので、シューズはグリップ力の高いミュータントで!

 

【天候について】

気になるのはやはり天気です。台風18号が急激に進路を変え、3連休に本州を縦断しようとしています...。

昨年のSTYの悪夢が思い出されます。今回は、気仙沼からの参加のため交通費や宿泊費を入れると信越五岳にかけているお金は6万円以上...。どうにか無事走れますように...。

関門時間の短縮なども想定されるので、準備はしっかりして臨みたいです。

 

【最後に】

必ず完走!!!!!!!!!! 

 

 

MZ-500 アプリ機能強化!

EPSONGPSウォッチ、MZ-500のアプリが知らない間に機能強化されていたようです。

内容としては、以下のとおり


 (1)ヤマレコ連携強化
    登山SNSサイト"ヤマレコ"内の"ヤマプラ"で作成した山行計画のコース
    タイムデータと連携。コースタイムデータがそのまま"NeoRun"内に反映
 (2)GPXファイル編集
    これまで編集が不可能だった"NeoRun"に取り込んだ山行計画のGPXデータ
    が編集可能になり、コースを自分に合ったルートに設定できるように
 (3)サマリーに累積上昇高度/下降高度表示
    トレイルランニングのトレーニング指標でもある累積上昇高度・
    累積下降高度を"NeoRun"内サマリー表示に追記

 

何と言っても(3)の累積上昇高度が表示されるようになったことが素晴らしいです。

 

以前、参加したセミナーでも鏑木さんが語っていましたが、普段から累積上昇高度を意識した練習がトレランでは大切とのこと。

しかし、総累積上昇高度をカウントしてくれる機能はこれまでなかったため、鏑木さんも自分でカウントしていたらしいです。

エプソンさんには機能追加を要望していると言っていましたが、ついにアップデートされたようです。

 

goodsuke.hatenablog.com

 

 

実際に確認してみましたが、ちゃんと表示されていました。

f:id:gcygx694:20170809232130p:plain

f:id:gcygx694:20170809232146p:plain

月間走行距離の3%程度の総累積上昇高度を目標にと、鏑木さんは言っていましたが、まだまだそこまで到達できていない状況です。

 

とりあえず、この機能を活用し、トレーニングを積んで、信越五岳の完走を目指したいと思います。

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』感想

キアヌリーブスの壮絶なアクションで話題となったジョン・ウィックの続編を映画館で観てきました。内容としては、今回も実にシンプルでわかりやすいです笑

f:id:gcygx694:20170723223856j:plain

 

 あらすじ

 伝説の殺し屋ジョン・ウィックによる壮絶な復讐劇から5日後。

 彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。

 しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。

 愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへの復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

 

 

内容は本当にオフィシャルサイトにあるあらすじそのままです。笑

サイト内の各予告編も面白いです。

johnwick.jp

 

今回もやはり見所は、キアヌのアクションですね。個人的には、マトリックスよりも好きです。ガンアクションとカンフーや柔術を組み合わせたアクションは、1作目以上に爽快で、何度見ても男なら興奮すること間違いなしです。

 

それにしても無双モードで、バッタバッタ敵を殺していきます。

いったい何人の敵を倒したことか。さすが伝説の殺し屋・・・。

 

アクションはキアヌ本人がほとんど自分でこなし、ガンアクションのために、実弾を使ったトレーニングを重ねたとのこと。もう、銃撃つのが早いのなんのって。

 

また今回は、前作では表面的にしか描かれなかった、殺し屋社会のシステムがより詳しく、ユーモラスに描かれていて、そのあたりも面白かったですね。

殺し屋用のスーツの仕立て屋だったり、武器のソムリエなど、観ていてワクワクしました。

もちろん出てくる殺し屋達もキャラが立っています。(街中には、こんなに殺し屋が潜んでいたの?っていうくらい出てきます笑)

 

こういう映画は、ぜひ映画館で観るべきです!

前作を復習してから、観に行った方がより楽しめると思います。

 

続編もすでに始動しているとの情報もあるので、早く続きが見たいですね。