ゆとりサラリーマンが100マイル完走を目指すブログ

ゆとり第一世代サラリーマンの気ままなつぶやき マラソン、トレラン、映画、音楽

ONTAKE100 完走!

 久しぶりのブログ更新になりましたが、7月15、16日に開催されたOSJ ONTAKE100を無事完走しました。

  昨年度は、夏風邪により、初のDNSとなってしまった、因縁の大会ですが、今年は、2週間前からしっかりR-1を飲み続け、万全の体調でレース当日を迎えることができました。 今回は、師匠と更にその師匠2人と一緒に参加です。

 

 当日は、師匠に東京駅で拾ってもらい、スタート地点の松原スポーツ公園へ。ナビのアクシデントや渋滞等もありましたが、なんとか17時前には、到着し、エントリーを済ませました。

f:id:gcygx694:20170720231634j:plain

f:id:gcygx694:20170720231649j:plain

 

その後は、もう一人の師匠とも合流し、準備を一通り済ませ、仮眠し、0時のスタートに備えました。

f:id:gcygx694:20170720231801j:plain

そして、0時いよいよスタートです。

f:id:gcygx694:20170720231833j:plain

スタート 0:00

 最後尾からゆっくりスタートし、最初は、ロードを進みます。

 このレースは、林道主体で、渋滞は発生しないことはわかっていたので、心拍数を上げないように、ゆっくり進みました。

 

 次第に、林道に入りましたが、ひたすら緩やかな登りが続き、暗いこともあり、一体自分がどこにいるかもわからない状態でした。

 体調的には、心拍が少し高いこと以外は異常はなく、順調に進むことができました。

 

小エイドの手前で、師匠を見つけ、抜き去りました。走力に差がある師匠への勝機があるとすれば、登りでどれだけ差をつけられるかだと思っていたので、一気に行きました。

f:id:gcygx694:20170720232006j:plain

小エイドに到着。2:59 まだ暗いです。

小エイドでは、水を念のためフラスクに補給し、すぐに通過しました。

 

その後も、同じような場所を何回も通過しているうちに徐々に明るくなっていきました。

f:id:gcygx694:20170720232252j:plain

f:id:gcygx694:20170720232126j:plain

第1エイドへ到着。5:00

 

公式のマップでは、32km地点となっていましたが、実際は34km地点でした。途中のキロ表示は、GPSウォッチと誤差200mだったため、油断していたのですが、これが噂に聞くOSJクオリティですかね。。。

バナナと水を飲み、胃の違和感が出はじめたので、magmaを補給し、スタートしました。

 

このあたりから、日が昇り始め、次第に睡魔に襲われるようになりました。

左右にフラつき、なんとかストックで支えながら登りを進みました。

f:id:gcygx694:20170720234010j:plain

 ワラーチの人たちにも、抜かれました。(それにしてもこれで100km走れるのは、異常ですね笑)

  そんなこんなで寝れる場所を探しながら進んでいると、もう一人の師匠に遭遇。

話しかけると、師匠も眠気に襲われ、フラつきながら進んでいるとのこと。

 

 ここで、ダラダラ登っていると眠いので、いっそ走ろうとの師匠からの提案。師匠から言われたことは、絶対です。あまり走れないと思っていましたが、意外と走れます。

f:id:gcygx694:20170720232557j:plain

 師匠に引っ張ってもらい、小エイドを通過し、一気に50km地点まで快走しました。

なんと心強い。直前まで、あまり走れない状態だったのが嘘のようでした。

 

 次第に走力の差が出てきたため、師匠には先へ行ってもらうように言ったのですが、せめて63km地点の第2エイドまでは一緒に行こうと言ってもらい、なんとかついていくことに。

f:id:gcygx694:20170720232658j:plain

 それにしても、なかなか、第2エイドが見えてきません。

 長い下り、先の見えるダラダラした登りを何度も繰り返しながら、進みますが、なかなかたどり着きません。

 

 日差しも出てきて、この区間が一番きつかったような気がします。

 エイドが見えた時は、心からホッとしました。

 

 やはり、第2エイドも63km地点ですが、実際は64kmを超えていました。

f:id:gcygx694:20170720232811j:plain

第2エイド 10:00 

疲れすぎて、写真を撮るのを忘れていたので、少し進んだポイントから

 

 エイドの手前で、バケツで水をかけてもらったことや、ドロップバッグに入れてあった着替えを済ませたことでだいぶ復活しました。

  オレンジやバナナを食べ、トイレを済ませてから出発しようと思ったので、ここで師匠とは別れました。(ここまで連れてきてもらい、本当に感謝しかありませんでした笑)

 

 第2エイドでリタイヤし、ワゴン車で運ばれていく選手を少し羨ましく思いながら、先に進みました。滞在時間は、約40分で、この間に、最初に抜かした師匠にも再度追い抜かれていたみたいです。

 

第2エイド以降はというと、もうグダグダでした。再度、眠気に襲われ、目の焦点が合わない状況になり、さすがにやばいと思ったので、途中何回も道端で仮眠をとりました。

f:id:gcygx694:20170720233036j:plain

天然エイドでは必ず立ち止まり、帽子を水で濡らしながら進みましたが、症状は消えないまま。

 

登りはゆっくり歩き、下りだけは、走るというルールを自分に課し、なんとか第3エイドへ。

f:id:gcygx694:20170720233129j:plain

第3エイド。13:03

 

ここでは、私設エイドを見つけ、ずっと飲みたかったコーラをいただきました。

f:id:gcygx694:20170720233235j:plain

そうめんもいただき、10分ほど休み、先を急ぎました。

 

あとは、残りの22kmを歩き通せば、完走はできると確信したので、無理はせず、ゆっくり進みました。

 

2つのピークを超え、あとは下りをゆっくり進みました。

 

f:id:gcygx694:20170720233305j:plain

f:id:gcygx694:20170720233325j:plain

ロードに出てからは、7kmくらいあるはずが、意外にもだいぶ早く「あと3キロ」の看板が。ちょっとうれしくなりました。いや、だいぶ得した気持ちになりました笑

 

歩いたり、走ったりを繰り返しながら、なんとかゴール直前の直線へ。

ここでは、すでにゴールしている方々が、応援してくれるため走らないわけにはいきません。

この手前では、100mileを完走し、帰るところだった尊敬する井原知一さんにも声をかけていただき、最後の気力で走りながらゴールできました。

f:id:gcygx694:20170720233452j:plain

  ゴール 16:40

 

ゴールの後は、先にゴールしていた師匠達と合流し、100mileの選手の勇姿を見た後、アフターパーティーに参加し、深夜に車でトレラン話に花を咲かせながら帰りました。

100km走っていても、アドレナリンがだいぶ出ているせいか全然眠たくならなかったです笑

 人生で2回目の100kmは自分が思った以上に発見の多い大会になりました。

次は、9月の信越五岳です。おんたけの経験を糧に完走できるように、頑張ります!!

 

 

 

 

 

 

 

信越五岳トレイルランレース2017 エントリー成功!!

念願の信越五岳トレイルランレースのクリック合戦を勝ち抜き、とりあえずは、参加資格をゲットしました。

 

f:id:gcygx694:20170613235034j:plain

 

今年から、100マイルのカテゴリーが新設され、盛り上がりを見せるだろう信越五岳ですが、実力不足の私は、もちろん110kmにエントリーしました。

 

師匠は、100マイル部門に無事エントリーできたようです。

しっかりスタートをお見送りしたいと思います。

 

f:id:gcygx694:20170613235102j:plain

信越五岳は、走れるレース(つまりは、ちゃんと走らないと完走できないレース)ということで、これから、走力アップに努めようと思います。

 

涼しい東北の夏を利用して、しっかり走りこみます!

第5回七時雨トレイルランニングレース“CALDERA TRAIL”

せっかく東北にいるのだからと東北のトレランレースに初参加してきました。

 

岩手県の八幡平(はちまんたい)で開催された七時雨(ななしぐれ)トレイルランレースです。 レースには、一般33km、ビギナー10km、キッズ3kmの3カテゴリーあり、私は、一般の部にエントリーしました。

f:id:gcygx694:20170613230714p:plain

f:id:gcygx694:20170613230842p:plain

 

気仙沼から3時間車を走らせ、スタート地点のすぐ目の前にある、駐車場へ朝の6時に到着しました。

天候は、だいぶ曇っていましたが、気温は10℃くらいで、6月にしては、肌寒い気候です。

 

少し、仮眠をし、エントリーと着替えを済ませ、スタートを待ちました。

 

スタート前に少し、ショップを見ていると、パーゴワークスのショップが出店していて、ネットで気になっていた、RUSH 1 AIRを発見。

 

f:id:gcygx694:20170613231034j:plain

 

レースで試してから購入することも可能とのことだったのですが、前から、気になっていたので、即購入してしまいました。

 

f:id:gcygx694:20170612225801j:plain

f:id:gcygx694:20170612225901j:plain

そんなことをしているうちに、スタートの時間を迎え、ご当地ヒーローのハチマンタイラーの先導で一斉にスタートです。

 

 

f:id:gcygx694:20170612225937j:plain

まずは、高原を進み、最初のピークの田代山を目指します。 

 

f:id:gcygx694:20170612230019j:plain

 

f:id:gcygx694:20170612230114j:plain

 

f:id:gcygx694:20170612232228j:plain

結構いい登りが続き、意外とあっという間に田代山の頂上へ。

最近続けている、トレッドミルでの登りの練習効果か、思いの外、楽に登り切ることができました。

 

f:id:gcygx694:20170612230307j:plain

田代山の頂上は、特に目印等はなく、あっという間に通り過ぎました。

次は、スタート方面まで戻り、今回最も標高が高い、七時雨山へ。

 

f:id:gcygx694:20170612230837j:plain

f:id:gcygx694:20170612230907j:plain

途中の第1エイド。結構、充実してました。

 

f:id:gcygx694:20170612231210j:plain

結構な傾斜の草原を進みます。

 

f:id:gcygx694:20170612231342j:plain

 

f:id:gcygx694:20170612231439j:plain

f:id:gcygx694:20170612231641j:plain

まあまあな急登を終えて、山頂に到着かと思ったら、こっちは北峰のようで、目指すは、向かいにある南峰でした。

 

f:id:gcygx694:20170612232543j:plain

 北峰からみた南峰

 

 

f:id:gcygx694:20170612232048j:plain

七時雨山は少しガスっていました。晴れていたら、きっと絶景だったんでしょう。。。

 

f:id:gcygx694:20170612231939j:plain

 

f:id:gcygx694:20170613071609j:plain

山頂からの下りは、気分爽快でした。ガスっていたため、幻想的な雰囲気でした。

 

f:id:gcygx694:20170613071647j:plain

f:id:gcygx694:20170613071730j:plain

f:id:gcygx694:20170613071819j:plain

第2エイド。きゅうりとコーラをいただきました。

 

f:id:gcygx694:20170613071840j:plain

川渡り

 

f:id:gcygx694:20170613071927j:plain

f:id:gcygx694:20170613071946j:plain

第3エイド。蕎麦が美味かったです。甘酒もありました。

f:id:gcygx694:20170613072035j:plain

f:id:gcygx694:20170613072048j:plain

この鳥居から歩行区間です。

f:id:gcygx694:20170613072118j:plain

f:id:gcygx694:20170613072132j:plain

不動の滝

 

f:id:gcygx694:20170613072904j:plain

f:id:gcygx694:20170613072933j:plain

 

f:id:gcygx694:20170613073024j:plain

f:id:gcygx694:20170613073036j:plain

f:id:gcygx694:20170613073035j:plain

第4エイド。ぶどう塩のかかった豆腐をいただきラストスパートです。

 

f:id:gcygx694:20170613073052j:plain

f:id:gcygx694:20170613073054j:plain

f:id:gcygx694:20170613073106j:plain

f:id:gcygx694:20170613073113j:plain

f:id:gcygx694:20170613073116j:plain

ゴール!

 

結果は、半分より少し上くらいでした。

 

5時間を少しオーバーしてしまったのは、残念でしたが、東北の絶景の中を怪我なく、気分良く走れて、久しぶりのレースとしては上出来だったと思います。

 

完走率も99%で、東北の方には、オススメのトレランレースですね。 

ルナサンダル Oso Flaco 2017モデル

『BORN TO RUN』の影響でトレランを始めたものとしては、いつかは試したかったルナサンダル。

ショップでは、なかなか置いていなく、サイズがわからなかっため、ずっと試せずにいました。

 

逆に、厚底のホカを試したりもしていましたし笑 

goodsuke.hatenablog.com

 

しかし、ネットを見ているとルナサンダルの2017年モデルが発売されたことを知り、我慢できず、ついにポチってしまいました。 もうサイズは勘です。

f:id:gcygx694:20170426183432j:plain

買ったのは、ルナサンダルのOso Flaco

サイズは迷った末に、7インチを購入しました。(足の実寸は24.2cm程度です。)

サイズはちょうどいい感じでした。よかった・・・。

デザインも良く、ランニング、登山、キャンプにフェスと万能に活躍してくれそうです!

 

f:id:gcygx694:20170426183405j:plain

 箱もオシャレです。

 

f:id:gcygx694:20170426183614j:plain

ソールには、新たに、Vibram®メガグリップアウトソールが採用されています。

 

すぐにでもランニングをしたかったのですが、裸足ランについて調べているといきなりランニングシューズの時のように走るのはNGのよう・・・。

少しずつ足を慣らしていくため、週末の登山の際に少し履いてみました。

 

f:id:gcygx694:20170426183851j:plain

1時間程度で登れる山を、ルナサンダルでゆっくり登ってみました。

いきなり裸足で履く勇気はなかったため、5本指ソックスを履きました。

 

まず、最初に思った感想としては、「意外とズレない!」ということ。

もっと歩きにくいと思ったのですが、安定もしていて、練習を重ねれば、トレランで使用することも可能ではないでしょうか。

ただし下りでは、やはり紐が指の付け根にあたるため、少し痛い時がありあました。

この辺は、慣れなんでしょうか?

 

これから少しずつ慣らしていって、将来的には、ルナサンダルでフルマラソンやトレランの大会に出場してみたいですね。

ララムリやベアフットテッドのように裸足ランで颯爽と走れるようになるのはいつになるやら・・・。

東北・みやぎ復興マラソン2017 エントリー完了

f:id:gcygx694:20170423204215j:plain

2017年10月1日に開催される東北・みやぎ復興マラソンにエントリーしました。

宮城県の沿岸部、名取市岩沼市亘理町にまたがるエリアで震災後の県内では初となる公認フルマラソン大会です。

 

今年は、仕事の都合で宮城県気仙沼市にきているため、これは東北の復興に少しでも貢献できればと、エントリーしました。

 

1万3千円の参加費は少し高いかとも思いましたが、復興に繋がるなら妥当ですかね。

 

コースマップ

f:id:gcygx694:20170423205204j:plain

高低図

f:id:gcygx694:20170423210345p:plain

コースの特徴としては、終始フラットな設定のようなので、タイムも狙えそうです。

 

しかし、大会の翌週は、今年もハセツネの参加を予定しているため、どのように走ろうか・・・。

ハセツネの0次関門を突破できたら、少し考えないと。 

 

何はともあれ、第一回大会になるので、盛り上がるといいですねー。

第9回房総丘陵・養老渓谷トレイル

だいぶ時間は空いてしまいましたが、3月12日に房総丘陵・養老渓谷トレイル14kmに参加してきました。

第9回房総丘陵・養老渓谷トレイル

 

毎年、参加しているレースで、3月に開催している数少ない大会の一つです。

昨年、一昨年は、大雨で大変な目に遭いましたが、今年は、快晴で、気温も暖かく、ちょうどいいコンディションでした。

f:id:gcygx694:20170419224806j:plain

今年も昨年と同じく、旧白鳥小学校からスタートです。

 

f:id:gcygx694:20170419224934j:plain

f:id:gcygx694:20170419224949j:plain

スタートすると、しばらく、ロードを進みます。というよりコースの大部分がロードです。。。

f:id:gcygx694:20170419225120j:plain

f:id:gcygx694:20170419225033j:plain

同じような景色で、何回かトンネルをくぐっていきます。

f:id:gcygx694:20170419225157j:plain

途中にはお馴染みの謎の建物。

 

f:id:gcygx694:20170419225249j:plain

 

f:id:gcygx694:20170419225402j:plain

f:id:gcygx694:20170419225417j:plain

しばらく進むと、渓谷沿いのトレイルへ。 何回も川を渡って行きます。

今年は、天気が良かったため、川は穏やかでした。

 

f:id:gcygx694:20170419225514j:plain

大福山への登り。コースで一番急な登りです。

f:id:gcygx694:20170419225644j:plain

f:id:gcygx694:20170419225659j:plain

登り終えるとすぐにエイドステーションです。順位優先なのかみんな止まりません笑

私はゆっくりチョコブラウニーをいただきました。

 

f:id:gcygx694:20170419225807j:plain

下りのロードを気持ちよく進みます。

 

f:id:gcygx694:20170419225923j:plain

f:id:gcygx694:20170419225940j:plain

しばらくすると、再び、トレイルへ。下りを爆走しました。

 

トレイルを抜けると、ゴールはもうすぐです

f:id:gcygx694:20170419230241j:plain

f:id:gcygx694:20170419230310j:plain

最初に通ったちょっと怖いトンネルの道を戻りゴールへ。

 

f:id:gcygx694:20170419230330j:plain

ゴールでは、可愛い小学生がゴールテープを持って出迎えてくれました。

 

f:id:gcygx694:20170419230825j:plain

人数が少ないため、全体で50位以内、年代別で10位以内に入れました。

自分へのご褒美のカレーを食べて、帰りました。

 

アットホームで来年もまた参加したい大会です。

鏑木さんのセミナーに参加してきました。「WristableGPS for Trekを購入して プロトレイルランナー 鏑木毅と走ろう!」

WristableGPS for Trekを購入して プロトレイルランナー 鏑木毅と走ろう!」という長い名前のイベントに抽選で当たったので、参加してきました。

f:id:gcygx694:20170306074628j:plain

去年の12月にEPSONGPSウォッチ、MZ-500を購入したところ、鏑木さんと一緒に走れるイベントに参加できるキャンペーンに応募できるとのことだったので、募集枠は50人だし当たらないと思いつつも一応、申し込みをしていました。

もう、申し込んでいたことも忘れていたくらい期待はしていなかったのですが、EPSONさんから2月にメールが届き、なんと当選とのこと。そんなこんなで、厚木まで車をかっ飛ばし、行ってきました!

ビブラム香港100を完走してから、仕事でも色々とあり、少しランニングに対する、モチベーションが下がっていたのですが、このセミナーに参加して、モチベーションは完全回復です!というより今まで以上にアップです!

f:id:gcygx694:20170306000522j:plain

イベントとしては、午前の部と午後の部が実施され、私は、午後の部で参加してきました。 募集枠は、50名だったので、単純に考えると、半々で午後の部は、25名くらいかと思っていましたが、なんとなんと10名!

なんでそんなに少ないのかは多少気になりましたが、もうラッキーとしか言いようがありません。

鏑木さん曰く、こんな少人数のセミナーは8年ぶりとのこと。 もう質問し放題です。(というものの緊張して、最初は、全然話せませんでしたが笑)

f:id:gcygx694:20170306000618j:plain

セミナーの内容としては、まず、1時間近く、MZ-500の使い方や具体的なトレーニングでの活用方法のレクチャーを受けました。 トレーニング方法を備忘録的にまとめておくと・・・。

  • 累積上昇高度を意識したトレーニングを心がける
  • 高強度トレーニングが重要(坂ダッシュ・階段トレーニングを週1で実施する)
  • 「LT値」を意識したランを実施する(トレッドミルを15%で50分。イメージとしては生かす殺さずのペース。鏑木さんは8.5kmで実施。)
  • 「月間累積上昇高度」を意識する。

今までは、トレーニングの指標としては、月間走行距離ばかりに目がいっていましたが、累積上昇高度にも今後、目を向けなくてはいけないようです。

レクチャーが終わってからは、飯山白山森林公園で2時間程度、実践講習でした。

f:id:gcygx694:20170306001148j:plain

f:id:gcygx694:20170306001221j:plain

f:id:gcygx694:20170306001501j:plain

ポイントポイントで上りのコツや下りのコツなどを教えてもらい、一人一人チェックまでしてもらえる素晴らしい時間でした。

さすが10人!笑

途中、プッシュする場面もありましたが、鏑木さんとも、日頃のトレーニング方法やレースのことなどを話しながら気持ちよく走れました。

f:id:gcygx694:20170306001413j:plain

そして、最後は、みんなで、楽しく?坂道ダッシュを3本。

f:id:gcygx694:20170306001620j:plain

3本目の一番距離を長くする鏑木さんのドSっぷりに驚きましたが、全て出しきりました。オールアウトです。

ちゃんと追い込めていることを褒められ、感無量です。

f:id:gcygx694:20170306075136j:plain

 

f:id:gcygx694:20170306075304j:plain

f:id:gcygx694:20170306075334j:plain

最後は、鏑木さんの新刊(もちろんサインも)とハートレートモニター(新品)をいただいて鏑木さんと記念撮影をし終了。

尊敬する鏑木さんに直接指導してもらえる本当に貴重で充実した体験でした。

鏑木さんの言っていた「結局はやるかやらないか」という言葉を肝に銘じトレーニングを頑張っていこうと思いました。