読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりサラリーマンが100マイル完走を目指すブログ

ゆとり第一世代サラリーマンの気ままなつぶやき マラソン、トレラン、映画、音楽

2017 ビブラム香港100K  大会前夜

トレラン

2017年1月14日に香港で開催されたビブラム香港100ウルトラトレイルレースに参加してきました。

 

今回のレースは、私にとって、初海外レース、初100km完走といったとても記憶に残るレースになりました。

 

だいぶ時間が経ってしましましたが、少しずつ、思い出しながら書きます。

 

ビブラム香港100は、ウルトラトレイルワールドツアーの第1戦の大会であり、世界中から2000人以上のランナーがエントリーしました。うち119人が日本人。

 

香港までは、飛行機で5時間程度なので、海外レースの中では、非常に参加しやすい大会だと思います。

 

体力に自信があるなら、金曜日に香港着、そして土曜日から日曜にかけてレースを走り、日曜日のうちに帰国といった強行スケジュールも可能です。

 

今回は、フィールズ・オン・アースのツアーでの参加だったため、そんな強行スケジュールはしませんでしたが。

 

フィールズ・オン・アースのツアーでの参加は大正解でした。

面倒な事前受付は、行なってもらえるし、コースの攻略法などをトップランナー(今回は、大瀬和文選手)から直接聞くことができました。

 

大瀬選手の曰く、前半は、フラットで走りやすいコース。しかし、ここで調子に乗って走りすぎてしまうと足が終わってしまい、後半の山岳エリアで地獄を見るとのこと。

 

f:id:gcygx694:20170202003308j:plain

少し、ビビりながらも、完走、そして、24時間以内のゴールを心に誓います。

 

配られたドロップバッグの袋の中に参加賞がたくさん。

ビブラム香港100は、参加賞が充実していることも非常に魅力的だと思います。

f:id:gcygx694:20170202003445j:plain

今回はTシャツ・ボトル・BUFF・ソックスなどなどたくさん入ってました。

 

観光に出かけたい気持ちを静め、部屋に戻り、レースの準備。

セブンイレブンで買ったパスタを食べてこの日は22時には就寝。

 

f:id:gcygx694:20170202005632j:plain

 少し、心配だったが、味は普通でした。

 

 

続く。。。